雑記

年賀状作成、無料ソフトを諦め有料ソフト「筆ぐるめ」を導入。

有料ソフトを導入した理由

日本郵政から提供されていた無料のはがき作成ソフト「はがきデザインキット」を使っていたのですが、ダウンロード版が提供を終了していました。

 ※Web版やスマホアプリ版は引き続き使用できます。(2022年1月1日現在)

そのままWeb版を使おうかと思ったのですが、印刷するためにブラウザ上で作成したレイアウトをPDFで保存、ダウンロードしてそれを自分で印刷するという形でした。

宛名に関しては一人ひとりPDFを作成する必要があったので、これは無理だと思い断念。

他の無料ソフトを探してみることにしたのですが、会員登録が必要だったりとちょっと面倒なところが多かったので、この際思い切って有料ソフトを導入してみることにしました。

選んだソフト

Amazonで年賀状作成ソフトを検索。
すぐ使えるようにダウンロード版に絞ってみると、いくつか出てきましたが「筆ぐるめ 29 年賀状(ダウンロード版)」が一番安くなっていました。

他のソフトもじっくり調べて比較検討するべきだったかもしれませんが、実際に自分で使ってみないと使い勝手が分からないものです。

あれこれ探し回って悩む時間がもったいないと思ったので、これにしました。

今回購入したのは「年賀状専用」のソフトです。

年賀状、喪中欠礼、寒中見舞い以外の素材は収録されていません。
これら以外のハガキを作成する場合、自分で素材を集めてレイアウトを作成する必要があります。


予め用意されたものを使用したい場合は、通常版を購入する必要があります。(ちょっと高額になります)


筆ぐるめ 29 年賀状(ダウンロード版)

筆ぐるめ 29 通常版(ダウンロード版)

実際に使ってみて

かなり簡単に使えました。

「はがきデザインキット」に似ている感じだったので、他のソフトを使ったことがないので分かりませんが、ハガキ作成ソフトはどれも同じようなレイアウトなのかもしれません。

もっと時間をかけてじっくり探せば無料ソフトでも良いものが見つけられると思うのですが、届いた日に作って投函しようとしたのでギリギリになって時間がありませんでした。

すぐ使いたいからと、ダウンロード版を購入したのですが、これってもしかしてサポート終了したらダウンロードできなくなったりするんでしょうか?

Amazonのダウンロード販売の形態をよく理解できていないのでワカラナイ😵

それだと今回使えなくなっていたソフトと同じ目にあってしまうのでは・・・?
と、ふと思いました。

追い込まれていたのでそこまで考えていませんでした💦

なんにしても、余裕を持って行動することの大切さを実感しました。


ABOUT ME
アユミン
山口県在住のアラフォーサラリーマン。 地元で就職し、かれこれ20年近く三交替をやっております。 「今日が人生で一番若い日」をモットーに、何事にもチャレンジ! と、志だけはいっちょ前な陰キャです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA